皇居ランニングのコース紹介

皇居ランニングのコースは1周約5kmの周回コースで、程よい高低差がありはじめての方でも気軽にチャレンジできます。スタート地点は特に決まっていませんが、反時計回りで走ることがルールです。

ランニングデビューにはもってこいの皇居外周コースですが、はじめての方にはどんな雰囲気なのかなかなかイメージしずらいかと思います。「皇居ランってどんなコース?」という疑問を写真を交えながら解決します♪

皇居ランニングのコース概要と距離

皇居ランってどんなコース?

皇居外周コースは1周約5kmの周回コースで、約30メートルの高低差があります。スタート地点は特に決まっておらずどこから走ってもOKですが、反時計回りで走ることがルールです。

信号待ちがないことが最大の魅力で、1周約5kmのコースをノンストップでランニングできます。

皇居ランニングのコース特徴

皇居ランニングのコース特徴は以下の4つに分類できます。

  1. 桜田門から竹橋まではフラットなコース
  2. 竹橋から千鳥ヶ淵公園までは登り坂
  3. 千鳥ヶ淵公園から半蔵門まではフラットなコース
  4. 半蔵門から桜田門までは下り坂

桜田門からスタートする場合、フラット → 登り坂 → フラット → 下り坂となります。序盤フラットなコースでペースを整え、登り坂を頑張り、最後、下り坂でフィニッシュできるので、桜田門スタートが個人的に好きですし、いちばん人気なスタート地点でもあります。

皇居ランニングのコース雰囲気

文章だけだとなかなかイメージしずらいので、ここからは一番人気の桜田門からスタートするコースを、写真を交えながらご紹介します♪

桜田門から竹橋までのフラットコース

桜田門前広場

桜田門前は広場になっているため、ストレッチやウォーミングアップ・クールダウンにぴったりです。そのため、多くのランナーに愛されるスタート地点になっています。

イベントでもスタート地点として使われるため、土日は時間帯によってちょっぴり混みいっていることも。

皇居外苑と丸の内高層ビル

桜田門前の広場を抜けると、左手に皇居外苑の美しい松林が、右手には丸の内の高層ビルがそびえ立っています。周回コースで一番長い直線コースで、登り坂でも下り坂でもない平らな道が続きます。桜田門から2kmほど走ると、竹橋に到着します。

竹橋から千鳥ヶ淵公園までの登り坂コース

竹橋を渡ると高低差約30メートルの登り坂がはじまります。深い壕と立ちはだかる石垣が江戸城の名残を強く感じさせてくれます。

皇居の深い壕

千鳥ヶ淵公園から半蔵門までのフラットコース

登り坂を1km走ると千鳥ヶ淵公園に到着です。公園内には、トイレ、水飲み場、ベンチがあり、皇居ランナーの休憩スポットになっています。

半蔵門から桜田門までの下り坂コース

半蔵門から桜田門までのラスト約1.5kmは下り坂になります。

桜田濠

桜田濠の壮大な眺めを楽しみながら気持ちよくランニングできます。桜田門を2つくぐり抜けたらゴールです。

疲れてしまった方は、ここでゆったりクールダウンを。まだまだ走れる方は、10km、15kmと続けて周回コースをランニングできます。

まとめ

最後にはじめての方に是非知っていただきたいポイントをまとめます。

  1. 皇居ランは1周5kmの周回コースで、高低差は約30メートル
  2. どこからスタートしてもOK、人気なのは桜田門スタート
  3. 反時計回りがルール

皇居ランニングのコースをイメージできましたか?皇居ランに興味を持っていただけたらうれしいです。

皇居ランを始めたい方におすすめの記事

皇居ランニングを始めたい方には以下の記事がおすすめです。