あおさとは?青のりとの違いや気になる栄養価を徹底解説

あおさとは?

健康にもよいといわれているあおさのりをご存じでしょうか。

あおさとは、葉緑素を持っている緑藻類に属する海藻で、色んな料理にぴったり合う栄養満点な万能食材です。

そんな「あおさ」の正体、青のりとはどのように違うのか、どんな栄養があって、効能があるのかを解説していきます。

あおさの正体とは?

あおさとは、海中植物の藻類の一種で葉緑素を持つ緑藻類の海藻のことです。

海苔とわかめの間ぐらいのイメージですが、具体的にどんな分類なのか?ちょっと詳しめに解説します。

海藻には大きく3つの種類があり、昆布、わかめ、ひじきなどの褐藻(かっそう)、トサカノリ(海藻サラダでよく目にするやつ)などの紅藻(こうそう)、あおさや青のりなどの緑藻(りょくそう)です。

緑藻は、葉緑体を持っているので光合成ができる海洋植物で、その緑藻類にアオサ目が属します。

  • 緑藻類(Chlorophyceae) / アオサ目(Ulva)
    • アオサ科
    • アオサ属 → あおさ
    • アオノリ属 → 青のり
    • ヒトエグサ科
    • ヒトエグサ属(Monostroma Thuret) → ひとえぐさ(一重草)

緑藻類アオサ目の中には「アオサ科」と「ヒトエグサ科」の2種類の海藻があり、その海藻から作られる食材が「あおさ」と呼ばれます。

  • ヒトエグサ科ヒトエグサ属の「ヒトエグサ(一重草)」という海藻から作られる「あおさ」
  • アオサ科アオサ属の「アオサ」という海藻から作られる「あおさ」
  • アオサ科アオノリ属の「アオノリ」という海藻から作られる「青のり」

同じ「あおさ」と呼ばれる食材ですが、地域などによって名称や用途、価格が異なります。

なお、「青のり」は緑藻類アオサ科の仲間で、アオサ科アオノリ属の海藻です。

ヒトエグサ科ヒトエグサ属の「あおさ」

「ヒトエグサ(一重草)」という海藻から作られる「あおさ」は、味噌汁の具に入れたり、佃煮の原料として使用されます。

ヒトエグサは、三重県、熊本県、長崎県が産地です。

沖縄では、「アーサー」と呼ばれ、郷土料理によく使われます。

アーサーそばおいしいですよね。

アオサ科アオサ属の「あおさ」

アオサ科アオサ属の「あおさ」は、お好み焼きやたこ焼きにかけるフレーク状のものです。

青のりと似ていますが、青のりの方が香りが強く高級品です。

アオサ科アオノリ属の「青のり」

青のりは、海水と淡水がぶつかる河口付近で採れる食材で、香りや風味が豊かなため「あおさ」より高級品です。

日本最後の清流ともいわれる四万十川で採れるすじ青のりは、色鮮やかで香りが最高級品質です。

あおさと青のりの違い

あおさと青のりは一緒だという人がいますが、まったく別のものになります。

見た目もそっくりなので間違える人も多いですが、実は形状と香りが違います。

あおさと青のりの違いは、生物学的には細胞膜の層が異なり、また食材的な視点では香りや食感が異なります。

青のりはあおさより風味が豊かなため、金額的にはやや高いです。

→ もっと知りたい方は、食事・栄養
あおさと青のりにはどんな違いがあるの?
にて

あおさの呼び方は?地方によってたくさんある?

「あおさ」は、一般に「あおさのり」とも呼ばれ、また鹿児島県では「おさ」「銀あお」「このい」、沖縄県では「あーさー」とも呼ばれたりします。

あおさを漢字で書くと

「あおさ」は、漢字で書くと「石蓴」です。

絶対に読めませんね。

「蓴」は、「じゅんさい」「ぬなわ」と読む漢字で、スイレン科の多年生の水生植物などを表す漢字です。

あおさを英語にすると

「あおさ」のWikipediaページを見ると、英語だと「Sea lettuce」(直訳すると海のレタス)と訳すそうです。

あおさは栄養満点?気になる効能は?

あおさは様々な栄養素が含まれているため、健康維持にぴったりな食材です。

食物繊維やマグネシウムが豊富に含まれているのが特徴です。

あおさの産地はどこが有名?

あおさの産地は全国の7割が伊勢志摩を中心とする三重県が占めています。

ほかは駿河湾、岡山周辺などが産地になります。

一方、青のりの産地は四万十川、愛媛、徳島、岡山、和歌山県です。

産地を見て長崎などと書いてあればそれはアオサ科アオサ属のあおさではないので注意しましょう。

志摩ではあおさの養殖もあり、秋がそのシーズンになります。

あおさのつみ取り作業は1月から4月にかけて行われます。

あおさの食べ方は?

乾燥したフレーク状になっているのがあおさで食べ方はそのままでもいいのですが、少し水で戻してから料理に振りかけてみたり混ぜたりして使います。

お味噌汁に入れていただくとおいしいです。

青のりの場合は主にお好み焼きや焼きそばなどのトッピングに使用される海藻になります。

ほかにもあおさの食べ方は天ぷら、卵焼き、スープ、パスタ、あえ物などにしてもおいしく食べられます。

青のりよりもあおさのほうが低カロリーになりますので積極的に食べる人も多いのです。使い方次第でもっと多くのレシピがあります。

管理人のわたしは、卵かけご飯にトッピングするのが大好きです。

皇居ランを始めてみませんか?

↓ 皇居ランスタイル限定クーポンを発行中なのでぜひご利用ください! ↓
施設料100円OFF&バスタオル無料レンタルのクーポンなので400円分お得に♪

皇居ランニングを始めたい方には以下の記事がおすすめです。


ABOUTこの記事をかいた人

学生時代は陸上競技で長距離を、卒業後はNESTA公認パーソナルフィットネストレーナーとして月間100人以上のカラダメンテナンスに従事しました。 皇居ランスタイルでは、ランニングと相性の良いフィットネスについて、私の体験とともにご紹介できればと思います!