あおさに含まれるマグネシウムの効能は?実はミネラルたっぷり!

ミネラルたっぷりのあおさ

あおさを知っていますか。

あおさは青のりに似た海藻の仲間です。

ふりかけとして加工されることもあるので食べたことがある人もいるのではないでしょうか。

このあおさには、マグネシウムなどの栄養が多く含まれているようです。

そのマグネシウムとは一体どのような栄養なのでしょうか。

ここではあおさの概要や、あおさに含まれるマグネシウムについても紹介していきます。

あおさとは?

海でとれる「あおさ」は、わかめや昆布といった海藻に分類されるものです。

この海藻は、色の違いによって「褐藻類」「紅藻類」「緑藻類」に分かれます。

色に違いが出てくるのは、海藻の生えている所の水深によるものです。

水深が浅いほど太陽光が当たることで緑色になり、深くなるにつれて褐色になり、さらに紅色へと変わっていくのです。

昆布やひじきなどは褐藻類で、海藻サラダに使われるトサカノリやアマノリなどは紅藻類に属します。

あおさは、緑色であることから緑藻類の海藻で、その中のアオサ目に属する「アオサ科」と「ヒトエグサ科」の2つの海藻が一般に「あおさ」と呼ばれています。

あおさと似たものでは青のりが挙げられます。

どちらも緑色をしていますが、形状や香りは異なっている別物です。

あおさは、薄くて柔らかく食べやすいのが特徴です。加工されたものは加熱に強く、長期保存もできます。海で採れることから、栄養ではマグネシウムなどといったミネラルを豊富に含み、食物繊維も多いのでひじきや昆布などと並んでアンチエイジングに欠かせない食物です。

あおさについてもっと知りたい方は、あおさのりとは?にて。

マグネシウムの効能

人が生きていく上で欠かせないミネラルの1つでもあるマグネシウム。

マグネシウムは体のほとんどの細胞に存在し代謝や生合成に関わっています。

人の体には約20〜30gのマグネシウムがあり、その約60%は骨に存在し、あとの残りは筋肉や脳などに含まれています。

血中にも1%含まれていますが、血中のマグネシウムが足りなくなれば骨に含まれているマグネシウムを使い、一定のマグネシウム量を保っているのです。

代謝に関わるマグネシウムは、しっかり摂取することで、代謝を上げて中性脂肪を減らすことにもつながります。

体に溜まった内臓脂肪が減少すればメタボの予防にもなるでしょう。またマグネシウムは便秘を改善する効能もあるようです。

便秘が改善すればさらにポッコリしたお腹も解消できるかもしれません。

またマグネシウムは、カルシウムと同じように骨や歯を健康に維持する働きもあります。

骨は骨気質とミネラルで構成され、ミネラルの部分にはおもに、カルシウムとリン酸で作られています。

マグネシウムは骨を作る際、骨のカルシウム量を調整する役割を担っています。

あおさに含まれるマグネシウム量

あおさが生息する海には一般的に3%ほどの塩分が含まれています。

その塩分の中にあるのがマグネシウムです。

あおさにもマグネシウムが含まれていますが、そのマグネシウム量は、あおさ100gに対して880mgです。

乾物であれば3200mgとなります。

一般的にマグネシウムが多いとされる食品では、種実類や魚介類、豆類、野菜類です。

また、日本人は麦や玄米などの穀物からマグネシウムを摂取してきた歴史があることから、穀物にもたくさん含まれています。

種実類で特にマグネシウムが多いとされるのは、かぼちゃの種やアーモンドです。

それぞれ100gに対して、かぼちゃの種は530mg、アーモンドは270mgとなっています。

豆類では、納豆が100mg、がんもどきが98mgです。

魚類ではしらす干しが130mg、さばの水煮缶が37mgであるので、あおさのマグネシウム含有量がいかに多いかが分かります。

参考) 日本食品標準成分表

もっと、あおさの栄養素や健康的効能を知りたい方は、あおさの栄養と健康的効能とはにて。

まとめ

あおさは、海で採れることからマグネシウムなどを豊富に含んでいる食品でした。

マグネシウムは、体の代謝に欠かせない働きがあり、マグネシウムをしっかり摂取することで、メタボを防いだり中性脂肪を減らす効能も期待できそうです。

また、あおさのマグネシウム含有量は、他の食品と比べてもかなり多いことがわかりました。

あおさについてもっと知りたい方は下記をご参考ください。

あおさのレシピについてもっと知りたい方は下記をご参考ください。

皇居ランを始めてみませんか?

↓ 皇居ランスタイル限定クーポンを発行中なのでぜひご利用ください! ↓
施設料100円OFF&バスタオル無料レンタルのクーポンなので400円分お得に♪

皇居ランニングを始めたい方には以下の記事がおすすめです。


ABOUTこの記事をかいた人

学生時代は陸上競技で長距離を、卒業後はNESTA公認パーソナルフィットネストレーナーとして月間100人以上のカラダメンテナンスに従事しました。 皇居ランスタイルでは、ランニングと相性の良いフィットネスについて、私の体験とともにご紹介できればと思います!