ランニング前に筋トレする効果とは?ダイエット目的にぴったり!

ランニング前に筋トレする効果

ダイエット中の方やこれからダイエットを始める方は筋トレ前にランニングをすると良いと聞いたことはありませんか?

ほとんどのダイエッターやトレーナーが「ランニング前に筋トレだ」と口をそろえて言うでしょう。

しかし、これからダイエットを始める方は「なぜランニングが先なのか」「筋トレしたら疲れそう」など、なぜその順番で行うのかわからない人が多いのが事実です。

せっかくダイエットをするならきちんとした手順と効果を知っておきましょう。

本記事では、筋トレをした後にランニングを行う理由と効果について解説していきます。

この記事を読めば、効率よく綺麗な体を作ることができ、太りにくい身体が手に入るでしょう。

ランニング(有酸素)と筋トレ(無酸素)の違い

ランニングと筋トレには大きな違いがあります。

それは、運動に使用するエネルギー源です。

ランニングのエネルギー源は脂肪ですが、筋トレは糖質を使用します。

また、筋トレは無酸素運動と言って体内の酸素を使いエネルギーを生み出す運動です。

ランニングは有酸素運動で体内の酸素を使いエネルギーを生み出す運動になります。

2つの違いを覚えておくことは必ずダイエットに役立つ日がくるでしょう。

ランニング前に筋トレを行うと良い理由

ランニング前に筋トレを行うと良い理由は3つあります。

  • ランニングの効果を最大化できる
  • 基礎代謝が上がる
  • 怪我しにくくなる

このような理由でランニング前に筋トレを行いますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ランニングの効果を最大化できる

ランニング前に筋トレを行う最大の理由がランニングの効果を最大化することです。

ランニングで使うエネルギー源は脂肪ですが、ランニングを始めて20分くらいは糖質を使用します。

これまで走る習慣がついている方であれば、20分以上走ることは容易でしょう。

しかし、運動初心者の方がいきなり「20分走りなさい」と言われてもきついだけですよね。
そこでランニングの代わりに、筋トレを20分間することはそんなに難しくありません。

筋トレをすると糖質を使うので、筋トレ後にランニングをすることで脂肪をエネルギー源として初めから使うことが可能になります。

また、筋トレをすると成長ホルモンが分泌されるため、さらに脂肪の分解を促進してくれるのです。

そのため、効率よく脂肪燃焼をするのならランニング前に筋トレをすることをおすすめします。

筋トレで筋肉をつけると基礎代謝が上がる

ランニングだけを頑張ると、落としたくない筋肉まで落ちてしまいます。

その結果、基礎代謝が落ちて痩せにくい体になるのです。

基礎代謝とは人が生きていく上で必要なエネルギー消費のことを指します。

例えば、寝ているときや座っているだけでも人は生きるためにエネルギーを消費しているのです。

体重を落としつつ基礎代謝を上げたいとなると、筋トレもしないといけません。

理想の身体を手に入れるためには、体脂肪を落としながら、基礎代謝を上げることです。

ですから、ランニングと筋トレはセットだと考えましょう。

怪我をしにくくなる

「よし、今日からランニング頑張るぞ」と意気込んでランニングを始めると危険です。

体は運動をしていない間に多少衰えているのは当たり前。

さらに、足腰を痛めてしまう可能性がぐんと上がります。

せっかく始めたダイエットで足腰を痛めて、運動ができなくなったら元も子もありません。

ダイエットを成功させるためのカギは「継続」することです。

継続してダイエットをするためにも、筋トレをして足腰を強くして怪我をしにくい体を作りましょう。

特に太ももの筋肉や体幹を鍛えることが大切になります。

なぜランニングと筋トレを同時に行うのか

ランニング前に筋トレを行う理由は理解できましたか?

理解できたとことで次に疑問に浮かぶのが「なぜランニングだけではだめなのか」ということです。

ランキングと筋トレを行う理由は3つあります。

  • 基礎代謝が下がる
  • 怪我をする可能性が高い
  • 理想の身体を手に入れられない

ランニングだけでは理想の身体を手に入れることはできません。

以下でそれぞれ理由を見ていきましょう。

ランニングだけだと筋肉も消費して基礎代謝が下がる

ランニングをすると体脂肪を燃焼して、その結果痩せることができます。

しかし、ランニングだけを続けていると体脂肪の次に筋肉をエネルギーとして消費するため基礎代謝が下がるのです。

基礎代謝が下がると、普段生きている中で使うエネルギーが少なくなるので痩せにくい体になります。

基礎代謝を上げるためには先ほども述べたように、筋トレをランニング前に行うことが大切になります。

筋肉をつけることで、エネルギー消費が大きくなり自然と基礎代謝が上がるので痩せやすくなるでしょう。

ランニングは軽負荷に見えて実は高負荷

ランニングは実は脚に体重の4倍程度の負荷がかかると言われているのです。

体重50キロの方でも200キロ程度の負荷が一歩一歩にかかっています。

こう考えれば、ランニングも簡単な運動ではありませんね。

体重の4倍程度の負荷に耐えるためにも足腰のトレーニングは欠かせません。

筋トレで脚と体幹を鍛えれば、ランニングでの怪我防止にも繋がります。

ランニングだけで理想の身体は手に入らない

ランニングだけではメリハリのある理想の身体は手に入りません。

ただ単純に体重を落としたい方であれば、ランニングだけも悪くはないでしょう。

しかし、メリハリのある身体を目指しているのであればある程度の筋トレが必要になります。

以上のことからランニングと筋トレは同時にすることをおすすめします。

ランニングだけで太りにくい身体を作ることも、メリハリのある身体を手に入れることはできません。

ランニング前に筋トレをして自分の理想の身体を手に入れましょう。

ランニング前のトレーニングはどれがいい?

ランニング前に行うトレーニングは、背中や太ももと言った大きい筋肉を鍛えましょう。

ランニング前に筋トレを行う理由として、基礎代謝を上げたいと説明しました。

効率良く代謝を上げるには、太ももや背中にある大きな筋肉を鍛えるべきです。

もちろん、他の部位も筋トレを忘れてはいけません。

ただ、ダイエット目的でランニングをする前であれば大きい筋肉を鍛えるのが良いです。

筋トレをするのにわざわざジムに通う必要はありません。

自宅で自重トレーニングをすれば十分に鍛えることは可能です。

ただ、面倒くさいと感じる方は日頃から筋トレをする習慣をつけておきましょう。

筋トレの目安時間は20分なので、そのごランニングに行ってください。

ランニング前の筋トレを忘れずに!

ランニング前に筋トレをする理由について説明しました。

ちなみにランニングは早く走れば走るほど効果が出るわけではありません。

逆にゆっくり走った方が痩せやすい研究結果もあります。

ですから、のんびりジョギングをする程度で行いましょう。

ランニング前に筋トレをする重要性が理解できましたか?

おさらいすると、ランニング前に筋トレをする理由は3つです。

  • ランニングの効果を最大化させる
  • 基礎代謝が上がる
  • 怪我をしにくくなる

痩せるためには筋トレは欠かせません。

また、ダイエットが成功した後に太りにくい身体を手にするためにも筋トレをして基礎代謝を上げる必要があります。

正しい方法と手順でトレーニングを行い、自分の理想とする身体を手に入れましょう。

皇居ランを始めてみませんか?

↓ 皇居ランスタイル限定クーポンを発行中なのでぜひご利用ください! ↓

皇居ランニングを始めたい方には以下の記事がおすすめです。