皇居にある二重橋とは!?魅力や楽しみ方を徹底解説!

皇居にある二重橋

皇居内ではランニングを楽しむことに加え、二の丸庭園や桜田門、二重橋といった多くの観光スポットを楽しむことができます。
せっかく気分良く皇居ランニングをするのであれば、合わせて観光スポットも巡ってみることをおすすめします!

本記事ではそんな皇居内にある観光スポット「二重橋」の楽しみ方や参観する際の注意点をお伝えしていきます。

ただ二重橋を見るだけでなく、歴史的背景や楽しみ方を知ったうえで行くことで更に楽しめること間違いなしです。
ぜひ本記事を参考に、二重橋について知ってから皇居ランニングを楽しんでください!

皇居とは

天皇の住居となっている「皇居」。
徳川幕府の居城(江戸城)であったものが、明治元年に皇居となり、明治21年以来、宮城と称されていましたが、昭和23年、宮城の名称が廃止されて、皇居と呼ばれるようになりました。
大きさは約115万平方メートルで、東京ドーム約25個分・東京ディズニーランドが2つ入るほどです。

江戸城開城の時点では、新時代の首都をどこに置くか決定していませんでしたが、深刻な財政難で都市開発をしている余裕がなかったため
・新時代に蝦夷の開発は必要で、江戸の方が近い
・江戸湾や横須賀など良港がある
・江戸にある大名屋敷や官庁をそのまま新政府の役所として利用でき、江戸城を皇居にすることができる
といった理由から江戸遷都が受け入れられ、江戸城が「皇居」となったという背景があります!

【皇居は日本一のランニングスポット】

皇居は日本一のランニングスポットとも呼ばれており、近場の方はもちろん、遠方からもランニング目的で訪れる人がいるほどの人気っぷりです。
都内ではNO.1のランナー数を誇り、1日に1万人ほど訪れる日もあります。

人気の理由としては様々ですが、主に以下のようになります。
・桜田門、竹橋、大手町、半蔵門各ポイントが駅から500m圏内とアクセス良好
・自然あふれる絶好のロケーション
・ランナーズステーションが多数あり、着替えやシャワーを気軽に行える
・周辺にレストランやカフェも充実
・コースに信号がないため、スムーズに走れる
若い人たちに限らず、幅広い層に対応できるメリットがあるため、どの世代にも人気のランニングスポットになるわけです。

二重橋とは

皇居正門前に佇む「二重橋」
皇居内でも有数の観光スポットの1つとして有名です。
二重橋といっても、手前にかかる「正門鉄橋」、奥にかかる「正門石橋」の2つを総称して二重橋と呼ばれています。

他にも
・別名「二の橋」「月見橋」とも呼ばれる
・ドイツ人のウィルヘイム・ハイゼによって設計された
・通常時は利用されず、一般参賀や公式行事などの際にのみ利用される
・現在の橋は1964年に修繕されたもの
といった特徴があり、海外からの観光客も多く訪れるほどです。

二重橋の3つの楽しみ方

二重橋の前を爽快にランニングをすることも良いですが、せっかくであれば歴史的なものでもある二重橋の魅力も楽しみたいですよね。
そんな時はぜひ以下の3つの楽しみ方を実践してみてください。
・皇居前広場から自由に参観する
・皇居一般参観に参加し、二重橋を歩いて楽しむ
・自由参観と一般参観どちらも行う
それぞれどんな形で楽しめるのか詳しく解説していきます!

①:皇居前広場から自由に参観する

二重橋の楽しみ方1つ目は、「皇居前広場から自由に参観する」ことです。

皇居前広場からは二重橋は眺めるだけになりますが、歴史的な景観を楽しむことができます。
写真などで見るより実際に見る二重橋の景観は力強く、引き込まれるような感覚になるほど、歴史の重みを体感することができます。
皇居ランニングをすると共に、二重橋の歴史的景観を感じることも楽しみ方の1つとなります!

②:皇居一般参観に参加し、二重橋を歩いて楽しむ

二重橋の楽しみ方2つ目は、「皇居一般参観に参加し、二重橋を歩いて楽しむ」ことです。

団体行動にはなってしまいますが、皇居一般参観では自由に歩くことができない二重橋を無料で歩いて参観したり、皇居内を散策することができます。
休止日等を除く、毎日午前1回・午後1回、合計2回実施しており、居前広場のみならず皇居内をせっかく無料なので散策してみてはいかがでしょうか?

③:自由参観と一般参観どちらも行う

二重橋の楽しみ方3つ目は、「自由参観と一般参観どちらも行う」ことです。

前述した2つの楽しみ方である「皇居前から自由に参観する」「皇居一般参観に参加し、二重橋を歩いて参観する」がありますが、せっかく皇居ランニングに行くのであればどちらも楽しんでみることもおすすめします。

皇居一般参観は午前と午後の2回に渡って行われるので、どちらかの前後に時間に余裕を持って行くことで両方を楽しむことができます!

「二重橋」は皇居外苑にあり!

約115万平方メートルで、東京ドーム約25個分・東京ディズニーランドが2つ入るほどの広さをもつ皇居ですが、大きく以下の4つに分けることができるのです。
・皇居
・皇居外苑
・皇居東御苑
・北の丸公園
そのなかでも、二重橋は「皇居外苑」にあるのです!

「皇居外苑」は、江戸時代には江戸城の一部で西の丸下と呼ばれ、幕閣に連なる大名の屋敷、馬場や厩舎が置かれていました。
二重橋以外にも以下のように皇居外苑には多くの観光スポットがあります。

【スポット①:楠木正成像】

→上野公園の西郷隆盛像、靖国神社の大村益次郎像と並び、「東京の三大銅像」の一つに数えられている「楠木正成像」。日本の具足を帯びた代表的な武者像として海外の旅行ガイドブックに掲載されることも多いほどの人気っぷりです。

【スポット②:和田倉噴水公園】

→和田倉噴水公園は、今上天皇のご結婚を記念して「継続性と新たな発展」というテーマを元に作られた噴水がたくさんある公園です。
歴史をたどると、昭和36年に上皇陛下の御結婚を記念して作られた大噴水が一番のルーツになっています。
他にも以下のように多くの特徴があるので、知っておいて損はないでしょう!
・夜には噴水がライトアップされる
・「滝」=「息吹」、「球体噴水」=「永遠」といったように各施設にはデザインテーマがある
・元々は江戸城へ生活物資を運ぶための荷揚場や倉庫が置かれるなど、海上輸送の拠点になっていた

【スポット③:桜田門】

→現存する城門の中では最も大きなものとなっている桜田門。
かの有名な「桜田門外ノ変」が起きた場所としても知られており、それを見るために観光客が訪れるほどです。他にも以下のような特徴があり、皇居外苑を散策する際はかかせないスポットです!
・「枡形城門」という戦略上有利な門の形になっている
・現存する城門のなかで最も広い規模
・昭和36年6月に国の重要文化財に認定されている

【スポット④:クロマツ】

→皇居前の大芝生広場に点在しているクロマツは約2000本あり、皇居外苑を代表する美しい風景となっています。
皇居前の広場に植栽され始めたのは明治21年からで、その後、昭和14年〜18年にかけて実施された、「皇紀2600年記念宮城外苑整備事業」により、現在のような姿となっています。

皇居外苑とっておきビュースポット4選

せっかく皇居外苑を散策するなら、ここは抑えておくべき!という撮影ビュースポットが以下の4つになります。
・桜田門と国会議事堂
・桜田門周辺からのビル群
・皇居前広場からのビル群夜景
・行幸通りからの東京駅
美しいビュースポットを見るために皇居外苑へ行くということも良いですね!!
1つずつ詳しく解説していきます!

ビュースポット①:桜田門と国会議事堂

皇居外苑とっておきのビュースポット1つ目は、「桜田門と国会議事堂」です。

あまり知られていないのですが、政治の中心地である国会議事堂を、桜田門から覗き見ることができます。
桜田門をくぐって進行方向の右斜め前に進んで桜田門の方を見ると、門の間から国会議事堂がひょっこり見えるのです。

江戸の情緒と近代建築を一緒に見ることができるおすすめビュースポットです!

ビュースポット②:桜田門周辺からのビル群

皇居外苑とっておきのビュースポット2つ目は、「桜田門周辺からのビル群」です。
桜田門をくぐると門の石垣がそのまま続いているのですが、その石垣の先には丸の内のオフィス街のランドスケープが広がります。江戸情緒と近代風景を楽しむことができ、タイムスリップしたような感覚になります!
江戸薫る石垣と近代風景が織りなすコントラストがおすすめなビュースポットです。

ビュースポット③:皇居前広場からのビル群夜景

皇居外苑とっておきのビュースポット3つ目は、「皇居前広場からのビル群夜景」です。

夜に皇居を訪れたら是非訪れていただきたい皇居前広場。
皇居前広場の先には、日本のオフィス中心地である丸の内のビル群が広がっていて、オフィスの明かりに照らされた夜景がとても美しいです。
昼間と違って人通りも少なく、静かな広場を散歩しながら夜景散策すれば感動すること間違いなし!
ぜひ美しいライトアップを堪能してみてください!

ビュースポット④:行幸通りからの東京駅

皇居外苑のとっておきビュースポット4つ目は、「行幸通りからの東京駅」です。

東京駅の見どころは日本近代建築の父とされる辰野金吾が手掛けた「赤レンガ駅舎」です。
その赤レンガ庁舎を眺めるベストスポットが、行幸通りの和田倉門交差点です。
和田倉門交差点から東京駅を眺めると、中央に赤レンガ庁舎を、両端にいちょう並木が広がる構図となり、特に秋の紅葉シーズンに訪れたいスポットです。

東京駅を間近で見ることも良いですが、せっかく皇居へ訪れたのであれば行幸通りからの東京駅も楽しんでみてください!
昼も良いですが、夜の東京駅もかなり美しいのでお好みの時間に合わせて皇居へ行くのも良いですね!

二重橋を参観する際の注意点

二重橋を参観する際に注意すべき点として以下の3つがあります。
・ランニング禁止
・集団で周りの邪魔にならないようにする
・大声で会話をしたりしない
自分だけの参観ではないのでしっかりと守るべき必要があります。
それぞれ詳しく解説していきます!

注意点①:ランニング禁止

二重橋を参観する際の注意点1つ目は、「ランニング禁止」であるということです。

皇居ランニングを楽しんでいる中で二重橋も楽しみたい気持ちはわかりますが、二重橋前広場にはランニング・マラソン禁止の看板が立っています。
自分だけよければ良いという軽い気持ちでランニングしてしまうと、周りの方達への迷惑となるので、しっかりと理解して守るようにしましょう。

注意点②:集団で周りの邪魔にならないようにする

二重橋を参観する際の注意点2つ目は、「集団で周りの邪魔にならないようにする」ということです。

二重橋の偉大さ、皇居の風情溢れる景観など素晴らしいことはもちろんですが、そればかりに目がいってしまい、集団で行っている場合に気付かぬうちに広がっていたり、道を塞いだりして迷惑をかけてしまう可能性があります。
自分たちだけの皇居ではありません。
周りにはランニングしている人、ウォーキングしている人、二重橋をゆっくり参観している人など多くの人たちで溢れています。
常に他の人に迷惑をかけないことを意識して参観するようにしましょう!

注意点③:大声で会話をしたりしない

二重橋を参観する際の注意点3つ目は、「大声で会話したりしない」ことです。

前述したように皇居は自分たちだけの場所ではなく、周りにはランニングしている人、ウォーキングしている人、二重橋をゆっくり参観している人など多くの人たちで溢れています。
そんな中で大声で会話をしながら二重橋などを参観したり、ランニングしてしまうと他の人たちへの迷惑になります。
新型コロナウイルスの影響もあって、大声での会話に敏感な人も増えています。
みんなが楽しめるような環境を崩さないようにするためにも、大声で会話をしない・集団で周りの邪魔にならないようにするといった注意点は必ず守るようにしましょう!

アクセス

最後に皇居前広場(皇居外苑二重橋手前)へのアクセス方法をお伝えしていきます。
ぜひ参考にしてみてください!

皇居前広場(皇居外苑二重橋手前)

(所在地):東京都千代田区外苑1
(アクセス):地下鉄千代田線「二重橋前」駅2番出口から徒歩8分
       都営三田線「日比谷」駅B6出口から徒歩8分
       地下鉄有楽町線「桜田門」駅3番出口から徒歩5分
(開園時間):常時開放(ただし、国家行事等に伴う特別警護のため、利用が規制される場合があります)
      ※二重橋濠手前の一部エリアは夕方以降閉鎖
(休園日):無休(ただし、国家行事等に伴う特別警護のため、利用が規制される場合があります)
(入園料):無料
(問い合わせ):環境省皇居外苑管理事務所(TEL:03-3213-0095)

まとめ

本記事では「二重橋」を楽しむ方法や、楽しむ際の注意点・二重橋までのアクセス方法などをお伝えしてきました。
ただ二重橋を見るだけでなく、歴史的背景や楽しみ方を知ったうえで行くべきです。
ぜひ本記事を参考に、皇居ランニングと共に「二重橋」という歴史的景観を楽しんでください!!

皇居ランを始めてみませんか?

↓ 皇居ランスタイル限定クーポンを発行中なのでぜひご利用ください! ↓
施設料100円OFF&バスタオル無料レンタルのクーポンなので400円分お得に♪

皇居ランニングを始めたい方には以下の記事がおすすめです。


ABOUTこの記事をかいた人

皇居ランニングを楽しむためのコンテンツをお届けするメディア「皇居ランスタイル」の編集部です。 ランナーの聖地、皇居周辺をゆったり走りながら心地良いランニングを満喫しませんか? はじめての皇居ランガイドから、イベント・マラソン大会・練習会情報、おすすめのランステ情報をお届けします。