大手門 – 竹橋・神田エリアの皇居観光スポット

大手門01

「皇居にはどんな歴史的建造物があるのだろう?」

毎日のように多くのランナーや、ウォーキングをする人たちで賑わっている皇居。
天皇陛下の住居としても知られている皇居ですが、5kmにも及ぶランニングコースに加えて二重橋や桜田門など、多くの歴史を感じることができるものがあるのです!

本記事では、そんな数多くある皇居内の歴史的スポットの中から「大手門」について詳しく解説していきたいと思います。
ぜひ参考にして、皇居を訪れる際は深く歴史を知った上で楽しんでみてください!

皇居について

天皇の住居となっている「皇居」。

徳川幕府の居城(江戸城)であったものが、明治元年に皇居となり、明治21年以来、宮城と称されていましたが、昭和23年、宮城の名称が廃止されて、皇居と呼ばれるようになりました。

大きさは約115万平方メートルで、東京ドーム約25個分・東京ディズニーランドが2つ入るほどです。

江戸城開城の時点では、新時代の首都をどこに置くか決定していませんでしたが、深刻な財政難で都市開発をしている余裕がなかったため

  • 新時代に蝦夷の開発は必要で、江戸の方が近い
  • 江戸湾や横須賀など良港がある
  • 江戸にある大名屋敷や官庁をそのまま新政府の役所として利用でき、江戸城を皇居にすることができる

といった理由から江戸遷都が受け入れられ、江戸城が「皇居」となったという背景があります!

【皇居は日本一のランニングスポット】

皇居は日本一のランニングスポットとも呼ばれており、近場の方はもちろん、遠方からもランニング目的で訪れる人がいるほどの人気っぷりです。
都内ではNO.1のランナー数を誇り、1日に1万人ほど訪れる日もあります。

人気の理由としては様々ですが、主に以下のようになります。

  • 桜田門、竹橋、大手町、半蔵門各ポイントが駅から500m圏内とアクセス良好
  • 自然あふれる絶好のロケーション
  • ランナーズステーションが多数あり、着替えやシャワーを気軽に行える
  • 周辺にレストランやカフェも充実
  • コースに信号がないため、スムーズに走れる

若い人たちに限らず、幅広い層に対応できるメリットがあるため、どの世代にも人気のランニングスポットになるわけです。

大手門について

大手門02

慶長12年に藤堂高虎によって建造され、伊達政宗らによって修復された「大手門」。

当時は登城時の正門として利用され、正面に高麗門・右側に渡櫓門の2つの門で構成されています。

登城時には人数を制限したうえで行わなければいけなかったため、行事ごとのある一斉登城が行われる際は大手門周辺に多くの人が集まり、商人たちもそこを狙って商売していました。

他にも以下のように多くの特徴がある「大手門」。ぜひ、特徴を知ったうえで散策してみてください!

  • 大手は城下町と城をつなぐ門であり、徳川時代の表門として利用されていた
  • 大手門建造に要した人員は42万3000人と膨大だった
  • 城門は「枡形門」(石垣を四角く巡らし、直進できないようにしたもの)
  • 明暦の大火後の万治2年に再建されている
大手門04 大手門03

大手門は「皇居東御苑」にあり!

全長約5kmにも及ぶ皇居のランニングコースですが、実は大きく分けて以下の4つに分類することができ、

  • 皇居
  • 皇居外苑
  • 皇居東御苑
  • 北の丸公園

そのなかで、大手門は「皇居東御苑」にあるのです!

皇居東御苑とは、旧江戸城の本丸、二の丸、三の丸の一部を整備した皇居付属庭園です。

大手町駅方面の「大手門」、竹橋駅方面の「平川門」、そして平川濠を挟んだ「北桔橋門」ら3つ出入り口があり、21万平方メートルにも及ぶ広大な土地となっています。
 
皇居東御苑には大手門以外にも以下のように多くの観光スポットがあります!

「二の丸庭園」

→3代将軍徳川家光の命により1630年に造成された「二の丸庭園」。
現存する庭園は昭和43年に復元されたものであり、9代将軍・徳川家重時代の庭絵図面をもとにした池泉回遊式庭園もあります。
そこには全国各地から集められた260本の木が植えられており、都心では珍しい緑あふれるスポットとなっています。
他にも以下のように多くの特徴があり、風情あふれる庭園となっています。
・造園当初は能舞台を作るなど、将軍の別荘のように利用されていた
・4代将軍徳川家綱の時に作られた御殿は明暦の大火で焼失
・将軍の隠居場所・将軍生母の居場所としても利用されていた
・二の丸池にはコウホネ、ヒメコウホネ、ヒツジグサ、赤坂御用地の池から移したアサザなどが生育されている
・菖蒲田には昭和41年に明治神宮神苑から株を譲り受けた84品種の花菖蒲が植栽

「江戸城本丸跡」

→大きな火災に見舞われた江戸城は残念ながら再建されていないものの、復元模型を近くの「本丸休憩所増築棟」で観覧することが可能。
「江戸城本丸跡」の広大な土地と、その模型から長きにわたり江戸が繁栄したことを感じることができます。
また、「奥の廊下跡」や「大奥跡」など、江戸城本丸ゆかりの史跡も人気です。

「天守台」

→江戸城の中枢に建築された天守の土台として築かれた「天守台」。
日本最高といわれる高さ51mの江戸城の天守を支え、現在は東西約41m、南北約45m、高さ11mの石積みが残されています。
天守台は解放されており、上まで登って景色を眺めることも可能です。

「富士見櫓(ふじみやぐら)」

→「江戸城跡」南に位置する、高さ約16メートルの三重櫓。
江戸城の史跡として唯一残る三重櫓として知られています。
どこから見ても同じような形に見えることから「八方正面の櫓」という別名を持ち、大火で天守閣が焼失した後は、「代用天守」として重要な役割を果たしています。
2016年11月より櫓前の広場が整備されたことにより、より間近で鑑賞することが可能に。

皇居外苑散策途中に一休み!2つのおすすめ休憩場所

皇居外苑を散策したり、皇居ランニングを楽しむといってもかなり広いためいずれ休憩をしたくなるはず。
そんな時におすすめなのが以下の2つの休憩場所です!

  • 楠公レストハウス
  • 楠木茶房

食事やおみやげの購入といったことを楽しむことができます!

休憩場所①:楠公レストハウス
(電話番号):03-3231-0878
(営業時間):【喫茶】8:30~11:00
       【ランチ】11:00~14:00(L.O.14:00)
       【喫茶】14:00~16:00(L.O.15:30)
(定休日):無休(年末年始を除く)
(席数):300席
(カード):可能(電子マネーも可)
(喫煙):全面禁煙

休憩場所②:楠木茶房
(営業時間):8:30~16:00
(定休日):無休(年末年始を除く)
(カード):可能(但し、配送代引き時の支払いは、現金のみとなります)
(喫煙):全面禁煙

皇居外苑とっておきビュースポット4選

せっかく皇居外苑を散策するなら、ここは抑えておくべき!という撮影ビュースポットが以下の4つになります。

  • 桜田門と国会議事堂
  • 桜田門周辺からのビル群
  • 皇居前広場からのビル群夜景
  • 行幸通りからの東京駅

美しいビュースポットを見るために皇居外苑へ行くということも良いですね!!
1つずつ詳しく解説していきます!

ビュースポット①:桜田門と国会議事堂

皇居外苑とっておきのビュースポット1つ目は、「桜田門と国会議事堂」です。

あまり知られていないのですが、政治の中心地である国会議事堂を、桜田門から覗き見ることができます。
桜田門をくぐって進行方向の右斜め前に進んで桜田門の方を見ると、門の間から国会議事堂がひょっこり見えるのです。

江戸の情緒と近代建築を一緒に見ることができるおすすめビュースポットです!

ビュースポット②:桜田門周辺からのビル群

皇居外苑とっておきのビュースポット2つ目は、「桜田門周辺からのビル群」です。
桜田門をくぐると門の石垣がそのまま続いているのですが、その石垣の先には丸の内のオフィス街のランドスケープが広がります。江戸情緒と近代風景を楽しむことができ、タイムスリップしたような感覚になります!
江戸薫る石垣と近代風景が織りなすコントラストがおすすめなビュースポットです。

ビュースポット③:皇居前広場からのビル群夜景

皇居外苑とっておきのビュースポット3つ目は、「皇居前広場からのビル群夜景」です。

夜に皇居を訪れたら是非訪れていただきたい皇居前広場。
皇居前広場の先には、日本のオフィス中心地である丸の内のビル群が広がっていて、オフィスの明かりに照らされた夜景がとても美しいです。
昼間と違って人通りも少なく、静かな広場を散歩しながら夜景散策すれば感動すること間違いなし!
ぜひ美しいライトアップを堪能してみてください!

ビュースポット④:行幸通りからの東京駅

皇居外苑のとっておきビュースポット4つ目は、「行幸通りからの東京駅」です。

東京駅の見どころは日本近代建築の父とされる辰野金吾が手掛けた「赤レンガ駅舎」です。
その赤レンガ庁舎を眺めるベストスポットが、行幸通りの和田倉門交差点です。
和田倉門交差点から東京駅を眺めると、中央に赤レンガ庁舎を、両端にいちょう並木が広がる構図となり、特に秋の紅葉シーズンに訪れたいスポットです。

東京駅を間近で見ることも良いですが、せっかく皇居へ訪れたのであれば行幸通りからの東京駅も楽しんでみてください!
昼も良いですが、夜の東京駅もかなり美しいのでお好みの時間に合わせて皇居へ行くのも良いですね!

大手門へのアクセス

(所在地):東京都千代田区千代田1−1
(アクセス):東京メトロ東西線 ・都営三田線大手町駅から徒歩約6分
       東京メトロ東西線・竹橋駅から徒歩約10分
       JR東京駅丸の内北口から徒歩約11分
(駐車場):無

※皇居東御苑

皇居東御苑は、次の日を除き公開しています。入園は無料です。
(1)月曜日・金曜日
ただし、天皇誕生日以外の「国民の祝日等の休日」は公開
なお、月曜日が休日で公開する場合には、火曜日を休園
(2)12月28日から翌年1月3日まで
(3)行事の実施、その他やむを得ない理由のため支障のある日

出入りは、大手門・平川門・北桔橋門です。
入園に際しては、禁止事項等がありますので、各入口の掲示板でご確認をお願いします。

マナーを守って散策を楽しもう!

理解しておくべきなのは「皇居散策に行っているのは自分だけではない」ということです。
せっかく気持ちよく散策していても、マナーを守れていない方がいたら不愉快になりますよね。
それはもちろん、逆の立場からみても同じです。
大前提、あなた自身がマナーを守りながら散策を行うことが重要になります。

マナーを守っていない人がいるから、自分も良いという考えはやめましょう!

皇居内を散策する際のマナーは以下のようになります。

  • 複数人で散策する際は、道をふさがないようにする
  • 周回は反時計回り
  • ゴミは必ず自分で持ち帰る
  • 他の歩行者とすれ違う際は、十分なスペースをとる
  • 混雑する時間帯であれば、マスクを着用する
  • 大声で会話しながら散策しない

多くのマナーがありますが、基本的に「あたりまえ」のことばかりです。
気持ちよく、楽しく散策するためにも、マナーを徹底して守るようにしましょう!

まとめ

本記事では数多くある皇居内の観光スポットから、「大手門」について解説してきました。
何も知らないのと、深く歴史について知った上で見るのとでは楽しみ方も全く違ってきます。
ただ散策するのではなく、ぜひ本記事を参考に歴史を知ったうえで皇居を訪れ、大手門をはじめとした多くの観光スポットを巡ってみてください!

皇居ランを始めてみませんか?

↓ 皇居ランスタイル限定クーポンを発行中なのでぜひご利用ください! ↓
施設料100円OFF&バスタオル無料レンタルのクーポンなので400円分お得に♪

皇居ランニングを始めたい方には以下の記事がおすすめです。


ABOUTこの記事をかいた人

皇居ランニングを楽しむためのコンテンツをお届けするメディア「皇居ランスタイル」の編集部です。 ランナーの聖地、皇居周辺をゆったり走りながら心地良いランニングを満喫しませんか? はじめての皇居ランガイドから、イベント・マラソン大会・練習会情報、おすすめのランステ情報をお届けします。