皇居ランニングにおすすめなランニングシューズ

健康のために皇居ランニングを始めようと思っている人も多いのではないでしょうか。初心者がランニングを始める際に重要なのが、ランニングシューズの選択です。正しい方法でシューズを選ばないと、足に負担がかかってしまいランニングを楽しめません。この記事では、初心者が皇居ランニングを楽しむのにおすすめのランニングシューズについて解説していきます。

クッション性の高さがカギ

「ランシュー」は「厚いソールのスポーツシューズ」というイメージで知られています。ランニングシューズにはクッション性の高さが求められるため、必然的にソール(靴底)も厚くなるからです。

上級者はソールの厚みを抑えた軽量のシューズを使用することもありますが、初心者がランニングを楽しむためにはソールが厚く十分なクッション性を確保したシューズを選ぶことがおすすめです。

特に皇居ランニングのような硬いアスファルトのコースを走るケースでは、厚いソールが必須といえます。片足分の重さは250gから280gを目安として選ぶとよいでしょう。初心者の場合はクッション性を重視することが大切で、軽さにこだわり過ぎるのは得策ではありません。

自分に合ったサイズを

自分の足のサイズに合ったサイズのランニングシューズを選ぶことも大切なポイントです。サイズが小さすぎると痛みが発生し、マメや出血につながることがあります。

大きすぎる場合には足がシューズの中で泳いでしまい、足首やひざなどに深刻なケガを負ってしまう恐れもあります。

必ず試し履きをする必要がありますが、目安としては「シューズを履いた際に親指1本が入るくらいの余裕がある状態」です。ただし、ソックスの厚さが盲点となっていることが多いので注意が必要です。試し履きを行う際は、必ずランニングで使用するソックスを履いていきましょう。

また、足のサイズは時間帯によってかなり変わることにも気をつけなくてはいけません。むくみなどで朝と夕方のサイズが1cm変わるという人も珍しくありません。

皇居ランニングを想定した時間帯でサイズを選ぶことが大切です。

国内メーカーと海外メーカーの違い

ランニングシューズを選ぶ際は、事前にブランドを決めているという人が少なくありません。もちろん好きなメーカーのものを選ぶのは自然なことですが、メーカーごとの特徴なども事前に整理しておくことが必要です。

もっとも大きな違いは「国内メーカー」と「海外メーカー」の違いです。特に違うのが足囲(ワイズ)です。国内メーカーは日本人の足を基準に開発しているため、総合的なバランスで考えるともっとも安心できる選択です。もちろん、海外メーカーにも大きな魅力があります。

デザイン性が優れているだけでなく、新素材などの最先端技術が惜しみなく投入されているシューズが数多くリリースされています。各メーカーの特徴を整理したうえで、じっくりと考えてから選びましょう。

自分に合ったランシューで快適な皇居ランニングを

このように、ランニングシューズを選ぶ際には外せないポイントが数多くあります。大切なことは、自分にぴったりのシューズを見つけるということです。走る目的なども人によって違うため、優先順位を整理しながらシューズを選ぶことも必要です。快適に皇居ランニングを楽しむためにも、ぜひお気に入りの一足を見つけてください。

皇居ランを始めてみませんか?

皇居ランニングを始めたい方には以下の記事がおすすめです。